Quality of Life

訪問リハビリ

訪問リハビリテーション

病気や怪我、あるいは加齢などにより、心身に障がいをきたした方々のうち、外出が困難で、在宅生活に様々な問題をきたしている人やその御家族に対して、理学療法士や作業療法士・言語療法士などが自宅を訪問し、専門的あるいは医学的見地に基づくアプローチを行い、安定した生活が送られるようにサポートします。

評価

心身の機能面のみならず、社会的背景や周辺環境をも含めた評価を行います。また、他職種との連携を図りりつつ、実施計画書を作成し、本人や家族への説明を行い、合意のもとに訪問リハビリテーションを実施します。

身体機能面への働きかけ

実際の生活に必要な筋力、関節の動き、心肺機能などの低下を予防するとともに、体力の維持、増進を図ります。また、腰痛や関節痛など疼痛の緩和を目的に、機器や徒手療法を併用した治療を行う場合もありす。

日常生活活動面への働きかけ

食事、入浴、更衣、排泄、移動など、実際の生活に必要な動作について、その人にあった適切なやり方・介方法を練習・指導するとともに、目的を持った座位や立位、移動につなげ、離床を促します。

生活援助用具の紹介

その人にあったポータブルトイレ、手すり、風呂台などの生活援助用具の紹介と使用法の指導を行います。

家族指導

その人にあった介護方法の指導、必要に応じた住宅改修の指導、社会資源(福祉サービス、公的援助などの紹介を行います。

その他

現状や将来に対する不安や、抑うつ傾向など身体面だけでなく、心理面での問題を抱えている方も多くいらっしゃいます。我々は、そのような問題が少しでも軽減できるよう、援助したいと考えております。

訪問風景

歩行訓練

 

PAGETOP